自分語り

何もしたくない

こう思うようになったのは、弁護士を目指して法科大学院に進学するために勉強するようになってからでした。

それまでの僕は、大学に入り、たくさんの友人に恵まれ、親からの仕送りも堂々ともらい、バイトもせずに学業に専念し、特待生をとって満足していました。

「こんだけ勉強して、学年トップの成績なんだから、きっと社会に出ても成功して、お金にも困らないのだろう」と、余裕たっぷりでした。

ですが、事態が急変したのは、本格的に法科大学院に向けて勉強をし始めたころ。

「あれ?このままで、大丈夫か?」「大学院に受からないんじゃないか?」「受かったとしても、勉強についていけるのか?」「弁護士になれなかったら、すべて無駄になってしまうのではないか?」といった、不安が止まらなくなりました。

入試に向けて勉強している時も、自分の能力不足に失望し、勉強することが辛くなり、何をしても不安が消えずに、常に気持ちが沈んでいる状態でした。

そして、このような状況に耐え切れずついに、勉強することをやめ、弁護士になるという目標を諦めました。

このことを親に伝え、勉強の義務から解放されたときは、心が楽になりましたが、目標を失い挫折した僕は、何もできる気かしなくなりました。

新しいことに挑戦しようとしても、「もし上手くいかなかったらどうしよう」「きっとまた嫌になって続かないのだろう」とネガティブなことしか思いつかづ、なかなか行動できずにいました。

しかし、何かしないといけない!という義務感に追われ、心が休まることはありませんでした。

そんな時に、知ったのがプログラミングでした。

Youtubeのリベラルアーツ大学で紹介されていた副業のWEB制作だったら、僕にもできるかもしれない!と思い、希望が持て、WEB制作するためにプログラミングの勉強を始めました。

自分に自信が持てなかった僕は、思い切って10万円のオンラインスクールに入会しました。

初めは、新しいことができるようになることが楽しくて、どんどん進めることができました。

しかし、勉強を進めるにつれ内容が複雑になり、分からないことやできないことが増え、自分の不出来さに失望するようになりました。

そこから、「10万も払ったのだから、最後まで頑張ろう!」ともがいたのですが、やっぱり長続きせず、勉強に身が入らない状態が続きました。

そんな時に、Twitterで一件のDMがありました。それは、同じ大学4年生で既にWEB制作で収益化に成功されている方でした。

その方が、親切にWEB制作の相談に乗ってくださり、この人なら信頼できる!と思い、電話することになりました。

僕はてっきり、成功者からのお話が聞ければモチベーションが上がると思い込んでいたのですが、その電話で伝えられた内容に心を折られることになりました。

なんと、WEB制作のスキルを身につけても稼げるようにはならないということ伝えられ、WEB制作を求めるお客さんがいないと意味がなく、マーケティングに力を入れるべきだというお話でした。

WEB制作のスキルを身につけるだけでも、こんなに苦労しているのに、さらにマーケティングもしないといけないとなるともう絶対にできる気がしなくなりました。

そのお話を聞いてからは、WEB制作の勉強をする気が全く起きず、毎日焦りを抱えながら途方に暮れています。

WEB制作もだめなら自分に何ができるかと考えた時に、自分にできるのはやっぱりアクロバットしかありませんでした。

10年近く体操を続け、その後も趣味でトリッキングをしたりと、この技術を何かに活かせないかと考えるようになりました。

しかし、そうなると思いつくのは体操教室の先生であり、一旦はバイトで体操教室の先生を経験したものの、大人数を相手にするということは僕に向いておらず、あまり長続きしませんでした。

そこで思いついたので、オンラインで一対一でアクロバットを教えるという方法でしたが、インスタやティックトックで呼びかけたものの、そんな簡単にお客さんは見つかりませんでした。

この他にも、以前、大学の宣伝で、僕のアクロバットを使いPVを撮影したことがあったので、それを使って、観光地宣伝などの依頼が頂けないかと、SNSで呼びかけましたが、反応はありませんでした。

行動力が甘い気もしますが、本当にできるかどうかの自信がないため、思い切って踏み出すことができません。

そして、それが本当に自分のやりたいことかどうかも分かりません。

僕が好きなYoutuberの両学長は「安定よりも夢を追ったほうが成功する」と言いますが、夢を追いかけても成功する気がしません。

もし、上記のプランを実行に移すにしても、それだけでは到底稼ぎは足りないので、収入源を確保しないといけませんが、そうなるとやはり、体操教室のアルバイトになってしまいます。

自分には向いていないと思った体操教室のアルバイトを続けれるかどうかも不安ですし、ストレスでまた動けなくなるも嫌です。

でも、行動しなければ未来は変わらないままというのは分かっています。また、体操教室が嫌になったらやめればいいし、どうしようもなくなったら適当なとこに一旦就職もできるのではないかと考えています。

頭の中で考えているだけでは、なにも始まらないのは重々承知しておりますが、何をするにしても不安がよぎり、生きるのがめんどくさくなっています。

今のまま何もせずにだらだらと実家にこもっておいしいご飯を食べるだけのニートのままでいたいですが、いつまでも迷惑をかけ続けるわけにもいきませんし、自立しないといけません。

何もかも投げ出していっそのこと死んでしまったほうが楽だと考えることもありますが、死んだら親は悲しむし、きっと死ぬ勇気は僕にはありません。

なので、とりあえずなんかしたいと思います。今思いついているのは、体操教室だけなのでまずはそのバイトを始めようと思っています。

めっちゃだるいけど。

こんな感じで人生に悩んでいる人って意外とたくさん、いるんじゃないでしょうか?

神様かなんかが救ってくれたら楽ですね。でも、人生は厳しいもので自分で切り開かないといけないんですね。

めんどくさくて、だるいけど、行動するしかないんですかね。何もやる気でないですよね。

行動してみたらやる気って出るものですかね。

こうやって、今は負の感情ばかりですが、いつかはこんな時期もあったなって、笑って読み返せるときがきたらいいな。

皆さんの人生に幸あれ。俺にも幸あれ。